産業医のご案内

産業医をお探しの事業所のご担当者様へ

ライフサポートサービスでは、事業所で働く従業員の皆様の
健康管理をサポートする嘱託産業医をご紹介しています。
お気軽にお問い合わせください。

産業医とは

産業医とは、事業所において労働者の健康管理等について専門的な立場から指導や助言を行う医師のことで、職場の作業環境の改善などを通して、快適な職場づくりをサポートする役割を担います。産業医は、「医師であることに加え、労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める要件を備えた者」でなければならず、認定産業医の資格を更新するための生涯研修が義務づけられており、常に知識のアップデートが必要とされています。

産業医の職務

産業医は事業所へ訪問し、従業員の健康診断結果に基づく健康指導・相談や職場の巡視などを行います。
また、従業員の職場復帰や業務・配置転換などに対する健康面での助言を行います。
近年では、ストレスチェックの実施や長時間労働者に対する面接指導なども産業医の重要な役割の1つです。
会社で働く皆様が元気で、快適に働けるようサポートするのが産業医の仕事です。

産業医の選任義務

労働者数が50人以上の事業場

★ 常時50人以上の労働者を使用する事業場では、法的な義務により産業医の選任が必要です。(労働安全衛生法施行令 第5条)
★ 事業場の規模・業種による産業医の選任形態(労働安全衛生法施行令 第12条)

事業場規模 産業医数 産業医の選任形態
50人以上 1人以上 嘱託でも可
※有害業務 500人以上 1人以上 専属
一般業務 1,000人以上
3,000人以上 2人以上 専属

※有害業務に関しては、労働安全衛生法施行令 第13条 第2項で定めています。

 

労働者数が50人未満の事業場

労働者数50人未満の事業場では産業医を選任する義務はありませんが、「安全配慮義務」の観点から「健康診断での有所見者に対する医師からの意見聴取」や「長時間労働者に対する医師による面接指導」は必要とされています。しかしながら、事業場として医師と契約して、従業員の方々に対して十分な産業保健サービスを提供できている事業場は少ないようです。
ライフサポートサービスでは、そのようなご相談にも対応しています。
また、地域産業保健センター各都道府県産業保健総合支援センター をご利用いただくと無料で相談に応じてくれます。