健康経営とは?

健康経営とは、「従業員の健康保持・増進の取り組みが将来的には収益性等を高める投資」であるとの考えの下、 健康管理を経営学的な視点で考え、戦略的に実践する取り組みのことです。 健康経営にかかる費用をコストとして捉えるのではなく、将来のための先行投資と考えて、従業員の健康維持・増進を進めていくことを目標にしています。 近年、働き方改革の一環として政府も推奨しており、国や自治体からの 認定制度 も増えています。 出展:経済産業省ウェブサイト(https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_keiei.html)

健康経営のメリット

健康経営を通して得られるメリットは下図の通り多くありますが、全てのメリットが同時に発現するわけではなく、 プラスのサイクルが回った結果、多くのメリットが発生します。 まず、心身ともに従業員の健康を守ることで個人に余裕が生まれモチベーションが上がります。 モチベーションが高い従業員が多い組織は活性化し、従業員を大事に扱う組織は離職率が低くなり新たな人材の確保もできるようになります。 モチベーションが高い人財を多く確保できる組織は業績も向上し、結果的に生産性が上がる流れが理想となっています。

健康経営の背景

健康経営が広まっている背景には、労働人口の減少・医療費の増加・低生産性など大きな課題を解決するための手段として 政府が推進していることが大きな要因となっています。

こんな企業に「健康経営」がおすすめです

★社内のコミュニケーションが不足している
★悪いイメージがつきやすい業界である
★求人募集に対して応募者が少ない
★休職者が定期的に発生する
★従業員の表情が暗い